歯科版「健康診断結果」の見方

平成7年度に学校保健法施行規則の一部改正があり、その中で歯・口の健康診断の方法にもいろいろな改訂が加えられました。そのため、歯・口の健康診断結果にも以前とは異なる記号や表示が導入されています。以下ではそれらについて解説します。

「CO」 穴が開いた状態のむし歯にはなっていませんが、このまま放置するとむし歯が進行する可能性が高い歯です。ていねいな歯みがきと食生活に気をつけることで状態が改善されます。また、かかりつけの歯科医の指導や継続的な管理をおすすめします。

「GO」 口の中の清掃が不十分なために、歯肉(歯ぐき)に軽度な腫れや出血がみられます。このまま放置すると歯肉炎に進行する可能性が高くなります。ていねいな歯みがきと食生活に気をつけることで状態が改善されます。自分の歯並びにあわせてていねいに歯垢を落とすよう心がけましょう。また、かかりつけの歯科医の指導や継続的な管理をおすすめします。

「C」 穴が開いたむし歯があります。穴が自然に治ることはありません。至急歯科医院を受診しましょう。

「G」 歯の周囲に歯石が付着し、歯肉(歯ぐき)が赤く腫れたり、出血する状態です。放置すると歯肉炎に進行して全身に悪影響を及ぼす恐れもありますので、歯科医院の受診をおすすめします。

「ZS」 歯の周囲に歯石が付いています。むし歯や歯肉炎の原因になりますので、歯科医院で適切な処理を受けましょう。

◆学校歯科医の活動指針<改訂版>付録「健康診断の流れと要点」
(社団法人日本学校歯科医会発行・PDFファイル)

◆歯科健康診断結果の見方(PDFファイル)

←学校歯科部トップページに戻る滋賀県歯科医師会トップページに戻る→