学校歯科ってなに?

皆さんも、学校で歯の検査を受けたことがありますね。○とかCとか言われるあの検査です。学校での歯科健康診断(正確には歯・口腔の健康診断)を行い、子どもさんの成長を学校歯科医の目で確認し、健康な生活習慣の定着や、病気の予防、保健教育に役立てます。もちろん、既にむし歯や歯肉炎になっている子どもさんには治療をするように勧めますが、それは学校歯科の一部分です。

滋賀県では半分ぐらいの学校で行われていますが、お子さんの生活や身体についての歯科関係の質問をすることもあります。それらを参考にしながら、健康診断を進めたり、大まかな、各学級や学年の歯科保健の傾向を把握して健康つくりに役立てます。

学校の先生方と協力して計画的かつ継続的に歯科保健だけでなく、子どもたちの生活習慣、特に健康行動の定着や好ましい食生活習慣に理解を高め、子どもたちの体の成長にあった顔、顎や歯並び、かみ合わせの形や働きの育成をすることにより、たくましく、健康な学校教育の目標とされる「生きる力」をはぐくむことを目的としております。

「8020運動」という言葉をご存知でしょうか、「ハチマルニイマルうんどう」といいますが、80歳の年齢に達した方でもご自分の歯を20本以上残せてよく噛める人生を送っていただく運動です。QOL(人生の質)やADL(日常生活の活性度)などが指標として使われますが、人生を豊かに送っていただくために歯は大切な役割を担っております。

乳幼児の頃から学校にかけて子どもは大きく成長します。この成長の時に、しっかりとした体とこころをつくることが大切であることはどなたも、異論のないところと思われます。学校歯科は家庭や先生方と協力して、子どもたちの心身ともに健やかな成長を支援する活動です。

←学校歯科部トップページに戻る滋賀県歯科医師会トップページに戻る→